有線が良いか無線が良いかネット回線比較する

Just another WordPress site

高齢者の方は光回線業者の勧誘に要注意です

2016年5月21日(土) 13:44

近年になって、光回線の業者の人が高齢者の家を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなっています。この事態を深刻にみて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を定かにいたしました。
クレームがフレッツには多数寄せられてきており、その一つに加入して一ヶ月後くらいに、急にネット接続が出来なくなる実例がこざいます。
その事例の場合、間違いが初期設定にあることがわかって、無事に使えるようになったそうですが、こういった、クレーム事例は毎日のように寄せられているそうです。フレッツのクーリングオフをしたい際には、契約内容が記載された書面を受領した日から9日目になる前までは書類を用いることで無条件に申込みを無かったことにすることができます。フレッツは強引な契約勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいと考えている人も少なくない数いらっしゃいます。クーリングオフが無理な際には、解約にかかるお金を支払ったとしても解約したい!と思う人もいるみたいです。
wimaxプランパスポート1年というサービスは利用登録料が税別三千円で使用できます。
利用開始の月、または契約を更新した月から起算して、十二ヶ月が契約の期間となります。
更新の月に解約されない場合は、自動的に契約期間延長となります。
もし契約更新月に解約した場合は、違約金は発生しませんから、更新の月を忘れないようにしましょう。

↑Page Top

Copyright(c)有線が良いか無線が良いかネット回線比較する. All rights reserved.